ピアノ曲の解説

ラヴェル「水の戯れ」の難易度【解説&おすすめ楽譜】

水の戯れ

こんにちは。

ラヴェルの名作「水の戯れ」に関する有益な情報をマルっと詰め込みました。

 

本記事の内容

  • 水の戯れの難易度
  • 水の戯れをサクッと解説
  • おすすめの楽譜
  • おすすめの名演奏

この4つが中心です。

迷ってる人
水の戯れを弾こうかな。何か上達のヒントはないかな?

こういった方のお役に立てる内容になっています。

 

ラヴェル「水の戯れ」の難易度

全音のピースでは最高の難易度である「F」となっています。

かなり難しい曲であることは、確かですね。

» 「水の戯れ」全音ピース

 

有名ピアノ作品と難易度の比較

ザックリと主観で、まとめました。

  • リスト愛の夢 < 水の戯れ
  • ショパンノクターン < 水の戯れ
  • ラ・カンパネラ = 水の戯れ
  • 英雄ポロネーズ = 水の戯れ
  • リスト超絶技巧練習曲 > 水の戯れ
  • バラキレフ イスラメイ > 水の戯れ

大きくは、外れていないと思います。

 

ラヴェルのほか作品と難易度を比較

結論、たいていのラヴェル作品よりも難易度が高いと思います。

逆に、「水の戯れ」よりも難しいラヴェル作品は、

  • 夜のガスパール
  • クープランの墓「トッカータ」
  • ラ・ヴァルス
  • ピアノ協奏曲

このあたり。

ちなみに後ほどご紹介するペルルミュテール版には、「水の戯れは中〜上級」としていて、「夜のガスパールは難易度が高い」と書かれてあります。

 

何歳で演奏できる?

小学生で、演奏しているのは、見たことがないです。

中学生では、「すごく才能のある子」だけ弾ける感じかな?

多くは、音楽高校とかに入ってから演奏する方が多いですね。

 

コンクールで演奏できる難易度?

難易度の高さから「コンクールでも良い評価を受けることが多い」印象です。

具体的には、

  • チョソンジンさん:浜松国際ピアノコンクール第1位
  • 角野隼人さん:ピティナ・ピアノコンペティション第1位

このお2人は、「水の戯れ」をコンクールで演奏して、良い結果を残しています。

この他にも、日本音楽コンクールの予選で、演奏して通過している方もたくさんいらっしゃいますね。

 

ラヴェル「水の戯れ」をサクッと解説

「水の戯れ」の重要なポイントだけまとめました。

  • 1901年にラヴェルが作曲(ラヴェル26歳)
  • 理解者であり、師であるフォーレに献呈
  • リカルド・ビニェスによって初演
  • 作曲コンクールで落選したものの、聴衆からの支持を得る
  • 印象主義の幕開け的な作品

すごく有益なYouTube動画を見つけました。

» 【厳選クラシックちゃんねる】 ラヴェルに関する動画

この中でも「水の戯れ」についてのお話があります。素晴らしい動画!

 

「水の戯れ」の神楽譜【ペルルミュテール版】

ピアノの校訂版として有名なものといえば、

と、このあたりが有名な楽譜。

これらと比べても、「楽譜の素晴らしさ」という点で一つ頭が抜けているのが、このペルルミュテール版だと思っています。

 

ヴラード・ペルルミュテールとは?

ザックリとまとめてみます。

  • コルトーとモシュコフスキーに師事
  • ラヴェルの目の前で、すべてのピアノ曲を演奏
  • ラヴェル本人から譜面上のことをすべて教えられる
  • 横山幸雄さん、遠藤郁子さんなどを指導
  • ラヴェルの著作権が切れた時、ペルルミュテールの演奏を参考に楽譜が作られる

 

楽譜に記載されているペルルミュテールのアドヴァイスが神がかっている…

 

著作権の関係で少しだけ。【引用元:音楽之友社

ペルルミュテールのアドヴァイス(ペダルまで)ぎっしりと詰まった楽譜です。

これを参考に、練習してみると「あ、ラヴェルはこういう曲を目指していたんだ…」とことがわかるレベルです。

イメージとしては、ペルルミュテールに3時間ほどレッスンしていただいた感じ。

かなり有益な楽譜です。

 

そのほかのラヴェルの楽譜は下記をどうぞ。

ラヴェルのピアノ曲「楽譜はどれを使うのがベスト??」

続きを見る

 

水の戯れの聴くべき名演奏

マルタ・アルゲリッチ

文句なしの、1番の名演はコレだと思ってます。

ラヴェルは、かなりキッチリとした演奏を好んだようだけど、このアルゲリッチの演奏は、良い意味で自由。

アルゲリッチが絶好調だったのでは?と思えるような演奏で、魔法にかかったような魅力を持った名演です。

» 水の戯れ アルゲリッチ(YouTube)

 

ワルター・ギーゼキング

現代では、ここまでテンポが速い演奏は珍しいけど、誠実にしてセンス抜群な演奏。

アルゲリッチは「ギーゼキングの演奏を参考にしている」と思うのだけど、どうですか?

どこか似た印象を受けます。

» 水の戯れ ギーゼキング(YouTube)

 

ロベール・カサドシュ

カサドシュは、なんとラヴェルと協力して、作品を録音したりしています。

かなりテンポが速く感じられるけど、ラヴェルが理想とした「水の戯れ」の1つだと思います。

» 水の戯れ カサドシュ(YouTube)

 

サンソン・フランソワ

フランソワの演奏する「水の戯れ」は、非常に個性的。

ラヴェルの音楽か、フランソワの音楽か?と、うまくミックスしたような演奏で、惹きつけられる演奏です。

» 水の戯れ フランソワ

 

エレーヌ・グリモー

エレーヌ・グリモーは、インタビューで「フランス作品にはあまり心を惹かれない…」と語っているけど、水の戯れは名演を残しています。

現代的な演奏だけど、コンクールの優勝者とも、大学の優等生という感じでもなく、鋭い感性を感じさせられるような演奏。

この中では、1番リスト作品に近いような解釈で、「水」よりも「噴水」のように感じます。

ウォーター」という水を題材にしたCDの中に収録されています。

» 水の戯れ グリモー(YouTube)

 

そのほか

YouTube内で検索したら見つかるかも…です。

モニク・アース、セシル・ウーセ、パスカル・ロジェ、ジャック・ルヴィエ、ジャン=フィリップ・コラール、ジャン=イヴ・ティボーデ、セシル・ウーセ、アリス・アデール、アレクサンドル・タロー、ロジェ・ミュラロ、ミケランジェロ・カルボナーラ、スティーブン・オズボーン、フローリアン・ウーリヒ

このあたりの方は、「水の戯れ」の演奏で、評判の良いものです。

名作ゆえ、名演も多いです。

 

余談:YouTubeで見つからなかった時の裏技

例えば「セシル・ウーセ」で見つからなかった場合、

  • Googleで「セシル・ウーセ 原語」と検索
  • セシル・ウーセの原語は「Cécile Ousset」
  • YouTubeで「Cécile Ousset Jeux d'eau」と検索

「Jeux d'eau」は、水の戯れの原語です。

これで、ほぼすべて聴けるはず。ちなみに「セシル・ウーセ」の動画はこちら

さらに音声良く聴く場合は、Amazonの「Music Unlimited」(無料体験あり)で間違いなく聴けます。

 

まとめ:ラヴェル「水の戯れ」の難易度【解説&おすすめ楽譜】

サラリとまとめて終わります。

  • 難易度→かなり難しい
  • コンクールでも評価されやすい
  • ラヴェル26歳の時の作品
  • ペルルミュテール版が素晴らしい
  • アルゲリッチ、フランソワ、グリモーなど多数の名演あり

ぜひ名作を取り組んでみてください!

最初の3ヶ月0円 期間限定1/10まで!【クラシックのピアノCDもほぼすべて聴ける】

-ピアノ曲の解説