ピアノ曲の解説

リスト「ラ・カンパネラ」難易度はどれくらい?「最上級だけど…」

こんにちは!

リストの作曲したピアノの名曲「ラ・カンパネラ」に挑戦したいけど、難易度はどれくらいだろう?

弾ける基準が知りたいです

 

こういった方のお役に立てる記事になっています。

本記事では

  • ラカンパネラの難易度→最上級であることは間違いないです。詳しくは記事で。
  • 有名な作品との難易度の比較
  • ラカンパネラのオススメ動画
  • ラカンパネラのオススメ楽譜

の4点に絞って解説しています。

またラ・カンパネラの意味については、こちらの記事で詳しく解説しました。

ではさっそく。

【ピアノ】リスト作曲「ラ・カンパネラ」難易度はどれくらい?

チェルニーの練習曲より難しい

「当たり前じゃん!」と言われてしまいそうだけど、小学生でも憧れる方が多いので、一応はじめに比較してみました。

結論、「うん、チェルニーの練習曲はどれも簡単!」

って思えるくらいじゃないと、ラ・カンパネラを演奏するのはかなりきついですね。

 

ショパンの練習曲と難易度を比較

よく比較されるけど、

  • ショパン→完成度高く演奏するのは難しい
  • リスト→なんとかなりやすい

だと思います。

ショパンの練習曲だとop10-1,2は、ショパンコンクールでもノーミスで演奏する人がほとんどいないほどの難曲。

そういう難しさと比較したら、まだ難易度は低いと言えそうです。

 

ラフマニノフの練習曲と比較

ラフマニノフには「音の絵」と呼ばれる難易度の高い練習曲があるけど、

比較してみると、

  • ラフマニノフ→パワーが必要
  • リスト→指の素早さが必要

と難しさの方向性が違う印象です。

どちらが難しいとは、言えないけど、手が小さい方にはカンパネラの方が簡単。

そして手の大きい男性とかだと、ラフマニノフの方がはるかに簡単に感じられるはず。

 

英雄ポロネーズと難易度を比較

有名な作品として「英雄ポロネーズとどっちが難しい?」

とたまに聞かれるので比較してみますね。

  • 英雄ポロネーズ→パワーが必要、曲の構成感も重要
  • ラ・カンパネラ→敏捷性はこちらの方が難しい

こんな違いが。

英雄ポロネーズも、非常に難曲だけど、基本的なテクニックは簡単かと思います。

ただ、名前からも分かるとおり、かなりパワーが必要な曲でもあるので、その難易度の体感は人によるはず。

 

ラ・カンパネラのどこが難しい?【結論:2つ】

ちょっと難しいポイントを。

この2つのポイントが「いや、意外といけるかも!」

と思ったら、ぜひ挑戦してみてください!

 

高度なテクニックが必要

ここで言う「高度なテクニック」とは、素早く指を動かすテクニック。

この指を速く動かさなくてはいけないことについては、ピアノ作品の中でも間違いなくトップクラスですね。

 

跳躍もまた難しい

中間部に「跳躍」が登場するけど、「ここが一番難しい!」

という方が多いですね。(雑誌の記事で読みました)

右手と左手が、離れる方向に跳躍するので、そのあたりは難しいポイント。

 

ラ・カンパネラは意外と簡単!?その理由は?

「いや、ラ・カンパネラってそこまで難しくないよね?」

みたいな話もあるので、まとめてみると、

 

ラ・カンパネラは長い曲ではない

曲自体は約5分。

例えばベートーヴェンのピアノソナタ を「全楽章」演奏すると30分以上というものもありますね。

こういう作品って、テクニック以上の難しさがあるもの。

ラ・カンパネラに「テクニック以上の難しさがない?」と言われたら、もちろんそんなこともないけど、大規模な作品に比べたら、挑戦しやすいことは確かかと。

 

小学生でも弾ける??

「え、無理でしょ!」

と思われるかもですが、小学生ですごくうまくラ・カンパネラを演奏している人を聴いたことがあります。(ボクが教えてる子)

「カンパネラ弾きたい」と。

「さすがにまだ無理じゃない?」と言ったけど、結局かなりうまく演奏できてしまいました…。

「好きこそものの上手なれ」というけど、気に入った曲って実力以上を発揮できるかもです。

さらにいうと、パワーに関しては、ラフマニノフの練習曲や英雄ポロネーズに比べたらかなり少なくても大丈夫。

そんな意味でも、小学生でも挑戦が「不可能ではない…」ということはポイントですね。

 

ラ・カンパネラを聴く【名演は難易度を下げる】

 

ラ・カンパネラは名作ゆえ名演、名盤を残している方が多いです。以下のとおり。

キーシン、アンドレワッツ、ホルベ・ボレット、チョソンジン、ドミトリー・シシキン、アリス・紗羅・オット、ユンディ・リ、辻井伸行、フジ子・ベミング、反田恭平、ランラン、亀井聖矢、

たくさんの名演を聴くことが、上達の近道なのは間違いないですね。

Amazon「Music Unlimited」でしたらおよそ、この世に存在するすべて「ラ・カンパネラ」の録音を「音質良く」聴くことが可能です。

やっぱり「音質は重要」ですね。

30日間は、無料ですので検討してみる価値は高いです。(途中解約も可能)

»  Amazon「Music Unlimited」について

詳しく知りたい方は、下記をどうぞ。

Amazon「Music Unlimited」クラシック音楽を聴いた感想

続きを見る

 

リスト作曲「ラ・カンパネラ」オススメ楽譜

正直言うと、ラ・カンパネラは有名作品ゆえ「粗悪…」な楽譜も多数売られています。

楽譜を見て「音が違ってるじゃん…」などなど思うことはよくあります‥。

オススメは下記の3つですので、参考にしてみてください。

ブダペスト版は、輸入盤ゆえ価格が高騰していることがあります。

「3500円以下なら買い」が目安です。(たまに5000円を超えていて、そういった場合は全音版がオススメです)

 

楽天市場が最安のこともあり

楽天市場で「ラ・カンパネラ 楽譜」と検索した結果です。価格の比較にどうぞ。

 

まとめ:【ピアノ】リスト作曲「ラ・カンパネラ」難易度は?

ではまとめつつ終わりにします!

  • チェルニーより間違いなく難しい
  • ショパンの練習曲より簡単な場合もある
  • ラフマニノフの音の絵よりパワーは少なくてOK!
  • 英雄ポロネーズよりパワーが少なくてOK!
  • 難しさは、敏捷性と跳躍
  • 楽譜を買うなら「ピース、全音、ブダペスト版」がオススメ

以上です。

間違いなく、難曲ではありますが、名曲でもありますので、ゼヒトライしてみてください。

それでは終わります!

ラカンパネラ
ラ・カンパネラの意味は?「答え:鐘」【聴くのが楽しくなる話】

続きを見る

-ピアノ曲の解説