ピアノ曲の解説

【ピアノ】リスト作曲「ラ・カンパネラ」難易度はどれくらい?

こんにちは!

リストの作曲したピアノの名曲「ラ・カンパネラ」に挑戦したいけど、難易度はどれくらいだろう?

弾ける基準が知りたいです

 

こういった方のお役に立てる記事になっています。

 

本記事の信頼性

実際に自分で演奏してみた体感と、指導をさせていただいた経験の両方から解説しています。

 

本記事では

  • 有名な作品との難易度の比較
  • ラ・カンパネラ の難しいポイント
  • 意外と簡単なポイント
  • 使うべき楽譜

の4点に絞って解説しています。

またラ・カンパネラの意味については、こちらの記事で詳しく解説しました。

ではさっそく。

【ピアノ】リスト作曲「ラ・カンパネラ」難易度はどれくらい?

チェルニーの練習曲より難しい

「当たり前じゃん!」と言われてしまいそうだけど、小学生でも憧れる方が多いので、一応はじめに比較してみました。

結論、「うん、チェルニーの練習曲はどれも簡単!」

って思えるくらいじゃないと、ラ・カンパネラを演奏するのはかなりきついですね。

 

ショパンの練習曲と難易度を比較

よく比較されるけど、

  • ショパン→完成度高く演奏するのは難しい
  • リスト→なんとかなりやすい

だと思います。

ショパンの練習曲だとop10-1,2は、ショパンコンクールでもノーミスで演奏する人がほとんどいないほどの難曲。

そういう難しさと比較したら、まだ難易度は低いと言えそうです。

 

ラフマニノフの練習曲と比較

ラフマニノフには「音の絵」と呼ばれる難易度の高い練習曲があるけど、

比較してみると、

  • ラフマニノフ→パワーが必要
  • リスト→指の素早さが必要

と難しさの方向性が違う印象です。

どちらが難しいとは、言えないけど、手が小さい方にはカンパネラの方が簡単。

そして手の大きい男性とかだと、ラフマニノフの方がはるかに簡単に感じられるはず。

 

英雄ポロネーズと難易度を比較

有名な作品として「英雄ポロネーズとどっちが難しい?」

とたまに聞かれるので比較してみますね。

  • 英雄ポロネーズ→パワーが必要、曲の構成感も重要
  • ラ・カンパネラ→敏捷性はこちらの方が難しい

こんな違いが。

英雄ポロネーズも、非常に難曲だけど、基本的なテクニックは簡単かと思います。

ただ、名前からも分かるとおり、かなりパワーが必要な曲でもあるので、その難易度の体感は人によるはず。

 

ラ・カンパネラのどこが難しい?【結論:2つ】

ちょっと難しいポイントを。

この2つのポイントが「いや、意外といけるかも!」

と思ったら、ぜひ挑戦してみてください!

 

高度なテクニックが必要

ここで言う「高度なテクニック」とは、素早く指を動かすテクニック。

この指を速く動かさなくてはいけないことについては、ピアノ作品の中でも間違いなくトップクラスですね。

 

跳躍もまた難しい

中間部に「跳躍」が登場するけど、「ここが一番難しい!」

という方も。

右手と左手が、離れる方向に跳躍するので、そのあたりは難しいポイント。

 

ラ・カンパネラは意外と簡単!?その理由は?

「いや、ラ・カンパネラってそこまで難しくないよね?」

みたいな話もあるので、まとめてみると、

 

曲は長い曲ではない

曲自体は約5分。

例えばベートーヴェンのピアノソナタ を「全楽章」演奏すると30分とかかかるものもありますよね?

こういう作品って、テクニック以上の難しさがあるもの。

テクニック以上の難しさがないかと言われたら、もちろんそんなこともないけど、

大規模な作品に比べたら、挑戦しやすいことは確かかと。

 

小学生でも弾ける??

「え、無理でしょ!」

と思われるかもですが、僕はすごくうまく演奏しているのを聴いたことがあります。

というのも、僕のところに習いに来てくれている女の子が6年生の時に

「カンパネラ弾きたい」と。

「さすがにまだ無理じゃない?」

と言ったけど、結局かなりうまく演奏してしまったんですよね。

「好きこそものの上手なれ」というけど、気に入った曲って実力以上を発揮できるかもです。

さらにいうと、パワーに関しては、ラフマニノフの練習曲や英雄ポロネーズに比べたらかなり少なくても大丈夫。

その女の子のピアノの才能がすごいのは確かだけど、

とはいえ、小学生でも挑戦が不可能ということでもないのはポイントですね。

 

リスト作曲「ラ・カンパネラ」楽譜はどれを使う?

「あ、私も挑戦したら意外と弾けるかも!」

と思ったら、さっそく取り組んでみてください!

悩んでいても始まらないですし、もし好きな曲なら実力以上の成果が出るはず。

 

楽譜はムジカ・ブダペスト版の一択

有名作品ゆえにたくさんの楽譜が出回っていますね。

こっそり言うと「かなりいい加減な楽譜もたくさん出版されているな〜」と。

ブダペストというのは、ハンガリーの首都で、リストの生まれ故郷でもあります。

そしてブダペストにはリスト音楽院というものあって、とにかく信頼性は抜群。

価格も安く手に入るので、比較の余地はないと思ってます。

そして元々の作品名は「パガニーニの名による大練習曲」。

これの第3番なので、この作品集を買えばOKです。

 

リスト作曲「パガニーニの名による大練習曲」の楽譜

 

まとめ:【ピアノ】リスト作曲「ラ・カンパネラ」難易度は?

ではまとめつつ終わりにします!

  • チェルニーより間違いなく難しい
  • ショパンの練習曲より簡単な場合もある
  • ラフマニノフの音の絵よりパワーは少なくてOK!
  • 英雄ポロネーズよりパワーが少なくてOK!
  • 難しさは、敏捷性と跳躍
  • 楽譜を買うならブダペスト版の一択

以上です。

間違いなく、難曲ではありますが、名曲でもありますので、ゼヒトライしてみてください。

それでは終わります!

ラカンパネラ
ラ・カンパネラの意味は?「答え:鐘」【聴くのが楽しくなる話】

続きを見る

-ピアノ曲の解説

Copyright© 芸術の家ピアノ教室blog , 2022 All Rights Reserved.