ピアノ曲の解説

【保存版】中学生にオススメなピアノ曲【男子向けあり】

こんにちは。

中学生におすすめできるピアノ曲をまとめました。

 

中学生にオススメなピアノ曲を選んだ基準

  • 指にムリがない
  • 譜読みが難しすぎない
  • コンクールの中学生部門、高校入試でも使われている

※ 自分が中学生の時に演奏した経験と、指導させていただいた経験も参考に入れています。

 

中学生におすすめなピアノ曲の一覧

 

バロック時代〜作曲された年代順にまとめてあります。

 

バロックのピアノ曲(1600年代〜)

バッハ

バロック音楽のメリット・デメリット

「指に負担は少ない。しかし譜読みが難しいものがある。曲は基本的に地味」

例えば、バッハのフーガとかだと、ものすごく難易度が高いのにすごく地味なので「一般受け」は、しにくいですね。

  • ヘンデル:調子の良い鍛冶屋(5分)→ 負担少ない、聴衆のウケも良い!
  • バッハ:平均律 → 最高のピアノ曲、簡単な作品を選ぶ必要あり(初めてなら1巻の13番あたりがオススメ)
  • バッハ:フランス組曲 → 譜読みがしやすく、美しい
  • バッハ:イタリア協奏曲 → 親しみやすい、楽しい!
  • スカルラッティ:ソナタ → ミケランジェリ、ホロヴィッツの名演から探すのはオススメ

 

古典派のピアノ曲(1700年代〜)

モーツアルト

古典派のピアノ曲のメリット・デメリット

「ハイドン、モーツアルトはどれでもOK。ベートーヴェンの作品だけしっかりと選ぶ必要あり。古典派の譜読みは一番カンタン」

  • ハイドン:ピアノソナタ → 山ほどあるので、YouTubeで「ハイドン ピアノソナタ」と検索を!
  • モーツアルト:ピアノソナタ→ YouTubeで「モールアルト ピアノソナタ」と検索を!
  • モールアルト:ロンドk485(5分)→演奏時間も適度で挑戦しやすい
  • ベートーヴェン:ピアノソナタ第1〜18番、24,25番あたりは演奏しやすい
  • ベートーヴェン:創作主題による6つの変奏曲(10分) → 譜読みしやすい、演奏効果は低い
  • ベートーヴェン:創作主題による32の変奏曲 (10分)→ 演奏効果が高い、難易度はやや高い、指の負担も少しある

 

ロマン派のピアノ曲(1800年代〜)

ショパン

ロマン派のピアノ曲のメリット・デメリット

「演奏効果が高い、実力以上に聴こえる。指の負担は大きいので、曲を選ぶ必要あり。譜読みが難しいものも多数」

  • メンデルスゾーン:ロンドカプリチオーソ(7分)→ 譜読み優しい、演奏効果も高い
  • メンデルスゾーン:厳格な変奏曲(13分)→ 指の負担少ない、演奏効果は高い
  • シューベルト:即興曲op90-2,4(5分)→ 譜読み優しい、演奏効果は低いけど名曲
  • リスト:小人の踊り、軽やかさ(4分)→ 指に負担が少なくリストの作品に取り組める
  • リスト:泉のほとりで(5分)→ 上記と同じ
  • リスト:愛の夢(5分)→ 有名作品、上手く弾くのは難しい
  • リスト:ため息(5分)→ 負担は少なく名曲
  • リスト:パガニーニ練習曲から → 難易度は高いけど、負担は少ない(有名なのは3番の「ラ・カンパネラ」)
  • ショパン:スケルツォ第2番(10分)→ 中学生で取り組む方が多いですね
  • ショパン:練習曲→ 指の負担が大きいので、個人差が大きい
  • ショパン:ポロネーズ第1〜4番 → 有名なのは3番の「軍隊」
  • ブラームス:ラプソディ1,2番 → 演奏効果高い、やや指への負担あり
  • シューマン:ウィーンの謝肉祭の道化→ 抜粋でもOK!
  • シューマン:アベック変奏曲(8分) → 演奏効果は高い、取り組みやすい
  • シューマン:森の情景 → 抜粋でもOK!
  • モシュコフスキー:練習曲op97 → 演奏効果が高い、指の負担が少ない、ショパンのエチュードより簡単

 

近現代のピアノ曲(1900年代〜)

ドビュッシー

近現代のピアノ曲のメリット・デメリット

「演奏効果が高い、譜読みが難しいものもある、指に負担が大きいものは注意」

※ フランス作品は指の負担が少なくて、ロシア作品は基本的に指への負担が大きいです

  • ドビュッシー:子供の領分 → 気に入った作品の抜粋でOK!
  • ドビュッシー:前奏曲集1巻→ 2巻より1巻の方が譜読みしやすい、演奏効果も高い
  • ドビュッシー作品全般→基本的にどれも取り組みやすい。YouTubeで「ドビュッシー ピアノ」とかで検索もあり
  • ラヴェル:水の戯れ(5分)→ 難易度はかなり高い、演奏効果は高い
  • ラヴェル:ソナチネ → 抜粋でもOK!指に負担が少なく、演奏効果も高い、譜読みもしやすい
  • プロコフィエフ:ピアノソナタ第1~3番 → 演奏効果が高い、指の負担はやや大きい
  • スクリャービン:ピアノソナタ第2番 → 演奏効果が高い、取り組みやすいロシア作品
  • ラフマニノフ:基本的に指の負担が大きいので、個人差あり、ゆっくりした曲はアリかと(前奏曲など)

 

こんなピアノ曲が弾きたい!に答えて…【男子OK】

Googleの検索ボリュームを調べていたら、「中学生 男子 かっこいい曲」で調べている方が多いので、参考までにまとめました。

おまけとして、「癒し系」「オシャレ」も載せてます!

 

かっこいいピアノ曲が弾きたい!

  • ヘンデル:調子の良い鍛冶屋
  • ベートーヴェン:創作主題による32の変奏曲
  • ショパン:軍隊ポロネーズ(英雄より指の負担が少ない)
  • リスト:パガニーニ練習曲
  • ブラームス:ラプソディ1,2番
  • シューマン:ウィーンの謝肉祭の道化
  • ラヴェル:水の戯れ

 

癒し系のピアノ曲が弾きたい!

  • バッハ:フランス組曲
  • シューベルト:即興曲op90
  • シューベルト:ピアノソナタ第13番など
  • リスト:愛の夢
  • リスト:ため息
  • ショパン:ノクターン

 

オシャレなピアノ曲が弾きたい!

  • バッハ:イタリア協奏曲
  • リスト:小人の踊り、軽やかさ
  • ドビュッシー、ラヴェルなどフランス作品すべて

ここには載せていないけど、「プーランク、フォーレ、カプースチン」などもオシャレなピアノ曲だと思います。

この3人の作曲家は、YouTubeやAmazonの「Music Unlimited」などで調べると見つかるかと思います。

 

まとめ:中学生におすすめなピアノ曲【楽しいがベスト】

まとめてみたけど、基本的にピアノ曲は山ほどあります…。

なので、「偶然気に入った曲」とか、「友達が弾いていた」、「YouTubeで同い年くらいの子が弾いていて気に入った…」

などで選ぶのもアリだと思います。

コンクールとか入試とかでなければ、一番の選ぶポイントは「楽しそう」かどうかかと。

「楽しいそう」→「練習する」→「上達する」みたいな感じで、上達スピードがまるで変わってくるはずです。

それでは終わりです!また、良さそうな曲が見つかれば随時アップしていきますね!

※ 4ヶ月無料!期間限定10月13日まで!

-ピアノ曲の解説