ピアノ曲の解説

ラ・カンパネラの意味は?「答え:鐘」【聴くのが楽しくなる話】

ラカンパネラ

こんにちは。

ここで言う「ラ・カンパネラ」とはもちろんあのリストの作曲した、ピアノの名曲のこと。

題名にも書いた通り、日本語での意味は「鐘」です。

いやいや、もっと詳しく意味を知りたいよ

という方は、下記もサクッと目を通してみてください。

いろいろ知っていると、さらに「ラ・カンパネラ」を聴くのが楽しくなるかもです。

ではさっそく。

ラ・カンパネラの意味は「鐘」:詳しく解説

どんな「鐘」なの?

カンパネラ(Campanella)はイタリア語で比較的小さな「鐘」もしくは「つり鐘」というもの。

日本語では正確にはカンパネッラという感じの発音です。

ちなみに大きい鐘はCampana(カンパーナ)。

Campanella(カンパネッラ)の最後の「-ella」は小さいという意味。

音楽用語のアレグロとアレグレット、アンダンテとアンダンティーノの違いみたいな感じです。

 

カンパネラの語源は古代ギリシャ語

古代ギリシャ語で「折り曲げる」を意味する「καμπάνα(カパーナ)」が語源になっているようです。

金属を折り曲げて「鐘」を作っていたので、これがカンパネラへと変わっていった感じ。

 

ヨーロッパの教会で時間を知らせていた

例えば7時なら「7回」鳴らすとか、10時なったら「10回」鳴らすとかそんな感じ。

例えば上記のオーストリア、ウィーンの中心シュテファン寺院でも町中に聞こえるように「鐘」がなったりしていますね。

とはいえこの「鐘」のイメージはカンパーナ。

同じ教会と言っても、

こんな感じとか、または、、

こんな感じの小さな「鐘」もしくはベルに近いです。

 

ラ・カンパネラの意味【聴くのが楽しくなる話】

リストが作曲したわけではない!?

もともとは原曲はヴァイオリンの鬼才ニコロ・パガニーニによって作曲されました。

具体的には、ヴァイオリン協奏曲「第2番」第3楽章のロンド「ラ・カンパネラ」です。

これをリストがピアノ用に編曲したわけです。

 

練習曲それともコンサート用の曲?

ちなみにリスト作曲の「ラ・カンパネラ」の正式名称は「パガニーニの名による大練習曲」から第3番。

パガニーニのヴァイオリンのテクニックをもって、ショパンの練習曲以上のピアノ練習曲をつくろうとしたわけです。

 

コンサート用の練習曲

チェルニーとかハノンはピアノの上達のための練習曲をつくったけど、「ラ・カンパネラ」はもちろんコンサート用。

ショパンは練習曲を芸術作品にしたけど、リストも同じく…というかテクニックを誇示する…という面もあったと思います。笑

 

「ラ・カンパネラ(鐘)」をさらに「鐘」に近づけたリスト

聴いてみるわかるけど、パガニーニの「ラ・カンパネラ」よりリストの「ラ・カンパネラ」の方がより「鐘」のイメージに近いです。

理由としては、ピアノの高音の部分をとにかく多用しているため。

編曲した際に、より「鐘」のイメージに近づけようとしたのは、間違いないですね。

 

「ラ・カンパネラ(鐘)」聴き比べは楽しい

もし聴くなら

  1. パガニーニの「ラ・カンパネラ」を聴く
  2. リストの「ラ・カンパネラ」を3人ほど聴いてみる

こんな感じがベストかと思います。

聴き比べると「あ〜音楽の解釈によってこんなに違うんだ!」

ということがわかるから。

これをやってみると楽しいので、ぜひやってみてください。

オススメの演奏については、また後日リライトするかもです…。笑

 

まとめ:ラ・カンパネラの意味は「鐘」

まとめると、

  • ラ・カンパネラの意味は「小さな鐘」
  • 古代ギリシャ語のκαμπάνα(カパーナ)」が語源
  • ヨーロッパでは「鐘」の文化が根付いてる(教会など)
  • もともと作曲したのはパガニーニ
  • リストは「鐘」のイメージに近づけている

以上です。

ちなみに本記事内に登場する写真は、すベてこの「ラ・カンパネラ(鐘)」の画像になっています。

ぜひ参考にしつつ「ラ・カンパネラ」を聴いてみてください!

終わりです。

-ピアノ曲の解説

Copyright© 芸術の家ピアノ教室blog , 2022 All Rights Reserved.