エッセイ ピアノ上達法

ピアノで緊張しない方法はある?【目指すはちょっとマシ】

こんにちは。

ピアノの本番や、コンクールで緊張しない方法は何かないかな?

もし何かあれば教えて欲しい

こういった方のお役に立てる記事になっています。

本記事では

  • ピアノで緊張してしまうことのエピソード
  • 緊張を克服する方法

について、サクッとまとめてみました。

ピアノの緊張って完璧に治すのは不可能に近いけど、それでも何も良い方法はないかな〜

という感じです。

 

ピアノで緊張しない方法はない!?【巨匠のエピソード】

基本的にピアノって緊張するものですね。。

世界的な巨匠でも演奏会の時には、緊張することもあるので安心材料としてどうぞ。

 

巨匠も緊張と戦っていた…

コンサートとかだと、たいてい1曲目がすごく緊張してしまうもの。

こんなことがありました。

(巨匠たちの名誉のためあらかじめ言っておくと、その後は、言うまでもなくとんでもなく素晴らしい演奏でした)

  • ポリーニが1曲目、緊張でアンプが飛んでしまう&ボロボロの演奏
  • ハイドシェックがコンチェルトの途中でアンプが飛んでしまう
  • カツァリスの手が震えていた

 

さらにキーシンがインタビューで

先日のコンサートでは、前半は常に緊張との戦いで苦しみました

スミマセン、いつのコンサートか忘れてしまったのだけど、実際にキーシンがこのようにお話しされていました。

「あの時キーシンは苦しんでいた」ということがすごく印象に残っています。

 

チョソンジンのインタビュー

2015年のショパンコンクールで優勝したチョソンジンさんが、コンクール後にこんなことを語っていたのも印象的です。

コンクールの演奏は、あまりの緊張で全く記憶がありません…

どんな演奏をしたかの記憶もなく、後になって録音をチェックしました。

その中で一番良くできたと思ったのは、英雄ポロネーズです。

正直、あれだけの演奏をしたにもかかわらず、記憶がほとんどなかったことは、すごく衝撃的でした。

 

ピアノ以外の分野の人もたいてい緊張しますね

フィギュアスケートの羽生結弦選手が、2021年12月のインタビューで「すごく緊張した」

と語っていたので、引用してみます。

「この会場で、ショートの最初のサルコージャンプを完全に失敗してしまった記憶があります。さらに完全に同じ場所だったこともあり、緊張していました」

「ショートに関しては、シミュレーションと言って、試合と同様にやっている練習があるんですけど、ショートに関しては1回もノーミスできてなかったため、すごく緊張はしていました」

引用元:Yahooニュース(読みやすい文体に変換させてます)

例をあげたらキリがないですね。羽生選手を例に挙げてみたけど、どの分野でも完璧に緊張を克服するのは、とにかく難しそう。。

 

ピアノで緊張しない方法を考えてみた「目指すは少しマシ」

ちょっと自分語り「スルーでOKです笑」

僕自信、どれくらい緊張タイプかというと、

  • 音高の受験の時、動悸がすごすぎてテンポがわからなくなる
  • 本番はいつも手足が震える
  • 小学校のリコーダーのテストで緊張してうまく吹けない

クラスで一番くらいリコーダーが吹けたけど、本番だけ緊張で吹けなくなって成績が悪かったのは、そこそこトラウマでした。笑

高校受験の時は、自分の心臓の音が凄すぎて「あれ、このまま心臓止まって死ぬのか?」

って本気で思ったほど(自分の人生はたったの15年だったのか…って頭をよぎりました…笑)

と、こんな感じだったけど、少しだけ克服できたのは、以下のような内容が多いです。

 

若林顕先生の公開レッスン

受けていたわけではなく、聴講していました。

若林先生のお話で印象的だったのは、

先日、日本音楽コンクールの審査員をしていたけど、基本的にみなさんすごく緊張との戦いですね。

緊張を克服するには、ピアノの技術に集中するよりも、音楽に集中した方が良いです。

と、こんなようなことをお話されていました。

先ほどのチョソンジンさんの例でいうと、完璧に音楽に集中していたから、緊張していてもすごく良い演奏ができたのだと思います。

 

とはいえ音楽に集中するって難しくない??

もはや音楽の悟りの境地というか、そんな感じがしますよね。。

お役に立てるかわからないけど、以下のような感じにするとすごく調子が良いです。

  • 音楽を完全にイメージ化する
  • 頭の中だけで、演奏&練習しておく

自分の頭の中にだけCDを流すような、そんなイメージ。

これをするとかなり技術的なことから解放されて調子が良いです。

チョソンジンさんも、インタビューで

「ショパンコンクールの前は、頭の中だけで練習しました。

アルゲリッチの演奏を聴くことも、頭の中の練習にすごく役に立ちました。」

とこんなことを語っています。

 

逆に緊張することが良い演奏につながることも…

世の中には、まったく緊張しない方もいらっしゃるけど、ピアニストの松本和将さんもそのお一人だと思います。

昔(たしか、日本音楽コンクールで1位をとった時)「緊張しませんか?」とのインタビューに

「基本的にあまり緊張しません。逆に緊張がゼロだとダラっとした演奏になってしまうので、ちょっと緊張した方が良い」

というようなことを語っていて、かなり衝撃でした。笑

たまに「良い緊張と悪い緊張がある」なんて言われることがあるけど、本当だったんだな〜とかなり印象に残っているエピソードです。

 

審査員はジャガイモ!?そんなの無理じゃない?

昔これが流行っていて、大人によく言われたことがあるけど、

「審査員なんてジャガイモだと思うことだ!」って。

「よし、ジャガイモだと思おう!」と思ったけど、やはり無理でした。笑

例えば音大の入試で、ズラリと審査員の先生がいて、みんなジャガイモに見えるって、そっちの方がイメージトレーニングの達人のような‥笑

 

それよりも良いことをこっそり教えます(目指せチンピラ)

「よし、審査員の先生の前でピアノを弾かせていただこう」

とコレ、、オススメできないです。

実はこんな風に思うとすごく人格者みたいだけど、コレ逆にかなり緊張するんですよね。。

その反対で、

「仕方ない、、お前らに聴かせてやるよ」

とこんなくらいに思っていた方が、悪い緊張ってしなかったです。

もちろん口に出して言ったらダメです!笑

簡単に言うと、「審査員より偉くなった気分で、上から目線で演奏する」ことかなと。

正直、不思議とそこそこ効果があります。なので、興味があれば実践してみてください。

表情には出さないところがポイントです笑

 

巨匠のインタビューから得るのもアリ

これは勝手な予想で、勘なのだけど、ツィメルマンとバレンボイムは演奏を聴く限り、ものすごくデリケートな方なんじゃかと思うんですよね。

そして「緊張」というものを、うまく克服してきた達人でもあると思っています。

この2人の演奏を聴いていると、音楽にとにかく集中することで「緊張という感情を忘れた」

という風に感じるんですよね。(わりと勝手に語ってます…違う可能性アリ)

とはいえ巨匠のインタビューを聞くことも、緊張の克服の役に立つとも思っています。

「音符ではなく音楽を!現代の世界的なピアニストとの対話」などの名著を読んで、緊張の克服の研究をしてみるのも良いかと思います。

 

ピアノで緊張してしまう方に朗報です…

お笑い芸人さんの中では、

「緊張しない人間は、一流になれない」なんて言葉があるそうですね。松本人志さんが何かの番組で語ってました。

そう考えると、ピアノの緊張は悪いだけではないのかもです。なので、もしピアノの本番で緊張しそうになったら、

「私あがり症でダメだな〜」ではなくて「私、才能あるんだな〜」

くらいに思うと良いと思います。

超プラス思考でいきましょう。笑

それでは終わりです。1ミリでも役に立ったら幸いです。

最初の3ヶ月0円 期間限定1/10まで!【クラシックのピアノCDもほぼすべて聴ける】

-エッセイ, ピアノ上達法