エッセイ

【選び方】オススメのメトロノーム「ピアノの上達に必須!」

メトロノーム

こんにちは。

メトロノームを購入する予定だけど、どれかオススメなメトロノームってある?

こういった方のお役に立てる記事になっています。

結論、オススメは、電子式もの。さらにメーカーを言うとSEIKO。

SEIKOのSQ50Vが最高だと思っていて、僕自身これを愛用しています。

» SEIKO  SQ50Vについて(Amazon)

理由は、記事内で詳しく解説してみました!

 

【どっち?】メトロノームは電子式と振り子式

 

振り子式のメリットとデメリット

  • メリット:視覚的にテンポがわかりやすい
  • メリット:電池がいらない
  • デメリット:平なところに置かないと、正確なテンポにならない

振り子式は、見た目もかっこいいし、伝統もあるし良いのだけど、何しろ正確なテンポになりにくい…

例えばピアノを上に置いたとして、、「それ完全に平!」と言えますか?

おそらく、ほんのちょっとの傾きがあることが多いはず。

そんなことが多く、振り子式を使うのはやめました。

 

電子式のメリットとデメリット

  • メリット:テンポがとにかく正確
  • メリット:速さの調節がしやすい(←この機能がSEIKOだけ)
  • デメリット:電池が必要(←とはいえほとんど消費しない)

今はやっぱり、振り子式でなく、電子式の一択だと思います。

代表的なメーカーは4つほどあり、比較してみました。

 

電子式のメトロノームを比較

 

電子式メトロノームのメーカーは?

電子式のメトロノームを出している4つのメーカーのまとめ⏬

ヤマハ、SEIKO、コルグ、TAMA

これ以外のメーカーさんは、ほぼほぼ見たことがないです。

 

それぞれの特徴⏬

  • ヤマハ:デザインが良い、軽い、価格の安いものもある、調節がしにくい(個人的な感想です)
  • SEIKO:とにかく使いやすい!デザインはそこそこかもです…笑
  • コルグ:性能が良い、音質を変えられるのはグッド、機能が豊富(使わないものも多い印象)
  • TAMA:ドラマーから評判が良い、使いやすい

 

それぞれのオススメモデル⏬(リンク先はAmazon。口コミもあわせてご確認ください)

 

ポイントは、速さを調節しやすいか?

先ほどからSEIKO  SQ50Vをオススメしているけど、理由は速さ調節をできるスピードが速いこと。

例えば「♩=40から♩=120に変えよう!」と思った時に、「セイコー2秒、ヤマハ10秒ほど」

楽器を練習していると「いろいろなテンポを実験的に練習してみたい」と思うもの。

なので、この速さってすごく重要だと思ってます。

ヤマハは、信頼性のあるメーカーだし、デザインも良いし、軽くて持ち運びもしやすい。

しかしSEIKOのこの調節しやすさは、何ものにも変えがたい…といった感じです。

 

Q. チューナー機能っている?

結論、「音程を自分で作る楽器の場合はいる、音程のある楽器の場合はいらない」です。

例えば、ピアノの場合はいらない。ヴァイオリンの場合はあっても良い、と言った感じ。

 

Q. メトロノームアプリってどう?

  • メリット:持ち運びが最高!
  • デメリット:調節が遅い、広告がジャマ…

完璧にオススメできるものが、まだ見つかっていないので、もし見つかったらこの記事をリライトしていく予定です。

 

まとめ:メトロノームは使いやすさが大事!

というわけで、とりあえず迷ったら、セイコーのSQ50Vを選ぶのがベストだと思います。

それでは終わりです。

参考にしていただけたら幸いです!

 

-エッセイ