ピアノ曲の解説

バッハ【シンフォニア】練習する順番は?難易度は?

2021年1月10日

 

こんにちは!

 

バッハのシンフォニアの難易度ってそれぞれ違うような。理想的な練習する順番ってあるのかな?

それからコンクールで弾くのに難易度は関係あるのかな〜

 

こういった方のお役に立てる記事になっています。

 

本記事の信頼性

  • ピアノの研究をされていた「長岡敏夫」さんの説。日本の大ピアニスト「園田高弘」さんの説。バッハの初稿を参考にしてます
  • もちろん自分で全て演奏した経験があります
  • ピアノを習いに来てくれる方の反応も参考にしてます

ちなみに参考文献は以下の2冊です。

 

バッハ【シンフォニア】練習する順番は?難易度は?

インベンションからシンフォニアにいくとまたグッと難しさを感じますよね?

結論から言ってしまうと、シンフォニアは順番を気にする必要がないです。

なぜなら難易度はどれも変わらないから。

とはいえいろいろな説があるので、参考に使えるかとは思います。

まずは、先ほどご紹介した「長岡説」「園田説」「バッハの初稿」を比較してみます。

 

【シンフォニア】3つの説を比較

まずは、長岡敏夫さんの説から。

11、4、6、7、1、13、10、8、3、15、12、14、2、5、9

次に、園田高弘さんの説

1、2、3、6、8、10、12、15、4、5、7、9、11、13、14

最後、バッハの初稿

1、4、7、8、10、13、15、14、12、11、9、6、5、3、2

 

【シンフォニア】難易度はどれくらい?

結論、繰り返しになりますが「それぞれの曲の難易度はほとんど変わらない!」です。

3つの説が完全にバラバラですし、自分で弾いてみてもその差はよくわからない。

インベンションの時は、難易度に分けてみるのが良かったけど、シンフォニアに関してはその必要がないかな〜という感じです。

でもインベンションのどの曲よりもすべてが難しい事は確かです。

あえて表にしてみると、

インベンション < シンフォニア < 平均律

と、どれも平均律よりは簡単。

当たり前かもですが、笑

 

【シンフォニア】コンクールで弾くならどれがおすすめ?

インベンションや平均律は、選曲が多少影響するけど、このシンフォニアに関してはほとんどどれを選んでも同じ。

というのが結論です。

シンフォニアって少しとっかかりにくさがあるから、たくさん演奏を聴いてみてその中から気に入ったものを見つけるのがおすすめです。

おすすめの演奏については後日まとめる予定です。

 

まとめ:バッハ【シンフォニア】練習する順番は?難易度は?

では結論をあらためて、

順番→ご自由に、難易度→ほとんど変わらない。

です。

もし「スッキリした!」という方が一人でもいらっしゃいましたら幸いです。笑

 

逆にインベンションは難易度と順番がかなり役に立つので、気になる方は下記の記事を参考にしてみてください。

バッハ【インベンション 】練習する順番は?「難易度の解説あり」

続きを見る

 

子供のピアノコンクールどれがおすすめ?【レベルと特徴のまとめ】

続きを見る

 

-ピアノ曲の解説

Copyright© 芸術の家ピアノ教室blog , 2022 All Rights Reserved.