ピアノの本

バッハ演奏ハンドブックをレビュー「クラウディオ・ソアレスの名著」

クラウディオ・ソラレス

こんにちは。

バッハ演奏のプロフェッショナルで、指導の面でも田村響さんなどを育てた、クラウディオソアレスさんの著書をレビューしました。

バッハのピアノ演奏の知識を増やしたい方や、バッハに関することで行き詰まっている方には、有益だと思いますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

クラウディオ・ソアレス先生について

クラウディオソアレス

サクッとまとめました

  • ブラジル生まれ
  • 現在おそらく70歳くらい(音大にいたのが1972年から77年のため)
  • ハノーファで名教師ハンス・ライグラフに師事
  • 国際コンクールの入賞者を多数育てる
  • いくつかのコンクールを創設(堺国際、マーラー国際コンクールなど)

とりあえず、超のつく名教師として有名な方です

ちなみに、ハノーファーで師事したライグラフ先生は、バッハの研究で有名な方

日本だと、芸大の伊藤恵先生も、ライグラフ先生のところに留学されていますね

この本「バッハ演奏ハンドブック」もライグラフ先生の影響が濃いはずです!

 

バッハ演奏ハンドブックの魅力

バッハ

なぜバッハを演奏するの?

おそらくある程度ピアノを弾ける方なら、100%くらいの確率でバッハを演奏した経験があるはず。

でも「なぜバッハ?」と聞かれると、正直答えにくい…

ソアレス先生の言葉が印象的だったので、まとめると

  • 作品のキャラクターを感じとる
  • 楽曲の分析
  • フレージングとアーティキュレーション
  • ふさわしいアゴーギグをつける
  • 技術的に(左右の手の独立)
  • 音色を想像する力
  • 複数の旋律の聴き分け

つまり、ピアノの基本を身に付けるのにバッハが最高だから。

というようなことをおっしゃっています。

ボクが主観でもう一つ付け加えると、音楽が時代を超えるほど素晴らしいからだと思います。

 

音大に行っても身につかないバッハの知識

音大に行ったから、これでバッハの知識は100%OKとは、100%ならないですね…笑

例えば、印象的だったことで、バロックの終止形は、句点(。)で古典派の終止形は読点(、)という話。

これ以上書くと、難しくなりすぎるので、詳しく知りたい方は本を読んでもらうとして、あらためて納得なことでした

 

重要:アーティキュレーションの7つのポイント

すごく重要だと思ったので、完全に著書「バッハ演奏ハンドブック」から引用しました。

  1. 作品のスタイル(初期、ロココ)
  2. キャラクター(宗教音楽、世俗音楽、教育目的)
  3. テーマ、モチーフ
  4. フレージング(和声、対位法、リズム)
  5. 時代の美的感覚(音量の変化がないこと)
  6. カンタービレ奏法(「歌う」ではなく「喋る、語る」)
  7. その時代の楽器と奏法を知る

※ 「ロココ」とは後期バロック時代のこと

このあたりのバッハの知識をつけたい方には、すごくオススメできますね。

例えば、インベンションの原点版の冒頭を見ると、バッハ自身の言葉があってその中に「カンタービレで演奏してほしい」とあります。

現代だと「カンタービレ」→「歌うように」となるけど、これは間違い。

ここでバッハのいう「カンタービレ」は「語る」もしくは「喋る」という意味で、カンタービレを使っています。

そもそもこの時代に、イタリアのベルカントのような歌い方はなかったのです…。

 

バッハの指導ポイントも書かれてある

バッハを教えるのって難しいけど、この本の中にポイントが書かれてありました

印象的なところをピックアップしてみますね

  • 原典版を使う
  • 一緒に分析する
  • アーティキュレーションをおしつけない
  • 曲のキャラクターの話をする
  • アイディアをあげて能力を引きだしてあげる

ソアレス先生に習いたい…って思います…笑

 

インベンション、シンフォニア、平均律、舞曲の解説

後半は、これらの曲の具体的な解釈や、演奏法が書かれてありました。

例えば、フーガの意味を知っていますか?

答えは、ラテン語で「逃げる」

声部の追いかけっこという意味ですね。

ソアレス先生は、理解しにくいフーガも以下のように考えると、理解しやすいと

  1. 提示部
  2. 展開部
  3. 展開
  4. ストレッタ

たしかに、むずかしそうなフーガもこれらを見つけると、曲を理解しやすいですね

 

デメリット?→音楽の知識がゼロだと難しいかも

素晴らしい本だけど、例えば音程「完全5度」とか「トニック」「ドミナント」このあたりの言葉が全く知らない方には、少し難易度が高いかな?

と思います。

 

まとめ:オススメの使い方「有益でした!」

例えば、

  • プレリュードはどうやって演奏するんだ?
  • ストレッタってなんだ?
  • 装飾音の付け方は?
  • コンクール、入試の前の確認がしたい
  • バッハの演奏にいきづまった…

みたいな時に、サクッと調べるとおよそ全て見つかります

「ハンドブック」となっているとおり、バッハのピアノ演奏に関する情報がマルッと入っているのは、便利で良いですね!

クラウディオ・ソアレスさんという名教師が書かれていて、信頼性が高いところもポイント!

ぜひ参考にしてみてください!

 

※ 4ヶ月無料!期間限定10月13日まで!

-ピアノの本