おすすめCDと動画

ディヌ・リパッティを語る【ショパンとバッハの名盤あり】

 

こんにちは。

ディヌ・リパッティについて解説してみました。

個人的には、歴史上最高のピアニストだと思っています。

一般的には「歴史上最高のピアニストの一人」という感じだと思います。

おすすめ動画を含め解説していますので、ぜひご覧ください!

 

ディヌ・リパッティを語る

ディヌ・リパッティとは?

1917年にルーマニアのブカレストで生まれたピアニストです。

20世紀最高のピアニストの一人であるアルフレッド・コルトーの弟子でも有名です。

コルトーは「あなたの弟子の中で誰が一番有望ですか?」

という質問に「リパッティ!」と答えて、涙を流したと言われています。

その理由は、ホジキンリンパ腫という病気を抱えていて大変体が弱かったためです。

音楽家って若くしてなくってしまう天才がたくさんいるけど、このリパッティもその一人。

あまりに若く、33歳で亡くなっています。

 

ディヌ・リパッティとの出会い

僕は高校1年生の時に図書館で偶然見つけて、そのあまりのピアノのうまさに驚きました。

その時聴いたのは、ショパンのワルツ全集です。

とりあえずワルツの第4番

ワルツの第4番だけど、リパッティは「最初に4番を演奏するのが良い」と思っていたそうです。

全集でもリパッティ特有の順番になっています。

 

リパッティのショパンのワルツに惚れた人は多い‥

マリア・ジョアン・ピリス、ジャン・マルク・ルイサダといった世界トップクラスのピアニストが「このリパッティのショパンのワルツが神がかっている」

と言っています。

実際にリパッティの順番を真似て演奏したりもしています。

高校生の時の自分の耳を褒めたい‥笑

では次に名盤のご紹介です。

 

ディヌ・リパッティの名盤【ショパン、バッハ他】

バッハ:パルティータ第1番

非常に端正な演奏で、心が洗われていくような演奏です。

これは、youtubeでも聴くことが可能です。

 

ブザンソンにおける最後のリサイタル

リパッティが亡くなる直前にひらいたコンサートの録音です。

これはあまりにも有名な録音で、リパッティの命の最後の輝きといった印象です。

Amazonのレビューを見ても、「感動した」とか「涙が出た」というレビューが多いのですが、僕自身全く同じことを思います。

>>>  Amazonでのレビューを見る

Youtubeで見るなら下記になります。

もっと音質にこだわりたい場合は下記のCDがおすすめです。

 

ウルトラセブンの最終回で使われた!?

こんなの売ってるんだ!

>>> 気になる方はこちらから。(ウルトラセブンとリパッティのCD)

実は、ウルトラセブンを見ていてリパッティのファンになったという人が多いんです。

この時使われたのは、シューマンのピアノ協奏曲。

下記のyoutubeの55秒のところから流れているのが、それです。

ちょっと音質が悪くて‥というのがあるけど、もしリアルタイムで見ていたら感動したかもしれないな、という感じです。

 

リパッティの全集はおすすめ

もしリパッティの演奏をCDで聴くのなら圧倒的に全集がおすすめです。

リパッティはCDにすると13枚しか残していません。

これで、リパッティのおおよそ全ての演奏を聴くことが可能です。(ブザンソンのリサイタルは別)

 

youtubeでも全て聴くことが可能です。

聴く場合は、「Dinu lipatti スペース 作曲者名」でyoutube内検索をすればOKです!

 

まとめ:ディヌ・リパッティを語る

リパッティが演奏活動をしたのは、本当にわずか!

何と10年ちょっとだけです。

CDにして13枚ほど。

これで、世界最高クラスの評価を受けているのです。

このことからもいかにリパッティがすごいピアニストかわかるかと思います。

僕自身、リパッティの演奏以上に感動したピアノの演奏に出会ったことがありません。

もしタイムマシンがあれば、一度生演奏を聴いてみたいと思っています。笑

Youtubeで無料で聴くことができますので、ぜひ一曲だけでも聴いてみてください!

-おすすめCDと動画

Copyright© 芸術の家ピアノ教室blog , 2022 All Rights Reserved.